お問合せ・見学希望の方へ
受付時間 9:00~17:00


居宅介護支援事業所

TEL:0536-35-0022


訪問リハビリテーション

TEL:0536-35-0022

デイケアセンター

TEL:0536-35-5100

グループホーム好日庵

TEL:0536-35-6100

メールでのお問合わせ

グループホーム

       ★ ようこそ グループホーム好日庵へ  ★    

ようこそ グループホーム好日庵へ

〒441-1946
新城市副川字大貝津13番地
Tel 0536-35-6100
お問い合せ・見学希望の方は電話にてご連絡下さい。

好日庵の由来

私達の人生には、雨の日または晴れの日もある。
雨の日には雨を楽しみ、晴れの日には晴れを楽しむ。
悲しい時には思いっきり泣いて、楽しい時には思いっきり楽しんだらいいのです。
無理に心をころすのでなく、自分をありのままに受け入れる。
日々新たに、日々新たに「日々是好日」

運営理念

たとえ認知症になっても、社会の中でかけがえのない一人の人間として、最期まで尊厳をもって生きる事ができるように支援する。


ウェイ

いいんだよ、そのままで どんな時でもいつもそばにおるでね

好日庵はどんなところ?

ベランダ

ベランダ
日当たり良好のベランダ。
沢山の洗濯物・日向ぼっこ・雑談と大活躍

居室

居室
居室の広さは平均15㎡
各部屋には洗面所設置

玄関

玄関
建物の3階でも和風の玄関で温かくお迎えします

リビング

リビング
台所は対面式。思い思いに過ごせるセミプライベートゾーンを大切にしています

浴室

浴室
大きな窓から三河の山々
介護度が上がっても安心して入れます

廊下

廊下
各居室の隣には必ず黄色い扉のトイレ。車イスも充分入れます

庭


得意の草取り、野菜づくりで生活に活力が生まれます



みんなで支える共同生活介護とは?

認知症と言ったってまだまだ私にできる事は沢山あります!
生きる事は食べる事!食べる事は生きる事!
一日の中で一番の楽しみも「美味しい食事」
それをどう見極めて支援するかが、介護職員の腕の見せ所。
「あっ、誰だ!つまみ食いをしているのは?」

みんなで支える共同生活介護とは?

施設概要

名称グループホーム好日庵
所在地愛知県新城市副川字大貝津13
直通電話 0536-35-6100
主要用途認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
介護保険事業所番号 2374000384
建物概要建物 鉄筋コンクリート建物3階の3階部分
延べ床面積  457㎡
居室概要総室数 9室 (1ユニット9名)
居室面積 平均15.5㎡
設備家具(介護ベット・整理たんす)・カーテン・エアコン・洗面台
共用設備リビングダイニング・キッチン・浴室・トイレ・洗面台・洗濯室・倉庫・ベランダ
協力医療機関医療法人静巌堂医院 原田直太郎医師
太田歯科 太田博司歯科医師  マツモト歯科 松本全弘歯科医師
協力提携機関介護老人保健施設 鳳来ケアセンター
介護老人養護施設 くるみ荘
開設2006年2月1日
スタッフ数10名
内訳・・・看護師1名(認知症ケア上級専門士・バリデーションワーカー・介護支援専門員資格有)/准看護師1名(認知症ケア専門士・介護支援専門員資格有)/介護福祉士8名/初任者研修終了2名/認知症ケア専門士4名/
認知症ケアマッパー3名/介護キャリア段位アセッサー1名

お金はいくらかかるの?

一ヶ月にかかる費用は、介護度により違います!

スタッフ紹介

私達がお世話させていただきます
チームリーダー(常勤)

管理者(常勤)
しし座
介護福祉士         認知症ケア専門士      一番幸せを感じる事・・マッサージを受けているとき


サブリーダー(常勤)

介護職員(常勤)
おとめ座
介護福祉士

一番幸せを感じる時

ワンコをモフモフしている時

介護職員(常勤)

介護職員(常勤)      ふたご座          

 介護福祉士         一番幸せを感じる時・・コーヒーを飲んでくつろいでいる時

介護職員(常勤)

介護職員(非常勤)
ふたご座

ホームの陰のお助け隊委員  一番幸せを感じる時・・自分の時間が持てた時

管理者(常勤)

顧問(常勤)
うお座
看護師 介護支援専門員
介護福祉士
認知症ケア上級専門士
バリデーションワーカー
一番幸せを感じるとき ふんわり布団の中でゆっくり眠るとき。

計画作成担当者・介護職員(非常勤)

介護職員(常勤)
おひつじ座
介護職員初任者研修

一番幸せを感じる時・・ご飯を食べている時。

管理者(常勤)

介護職員(非常勤)
ふたご座
介護支援専門員
介護福祉士         保育士

一番幸せを感じるとき 家族に「おいしい」と言ってもらえる料理が出来た時。

計画作成担当者・介護職員(非常勤)

介護職員(常勤)
てんびん座
介護福祉士 

一番幸せを感じる時・・愛犬と遊んでいる時。

平成29~30年の私たちの宣言

【 感謝の気持ちをもって節度をもって行動します 】 ~ その思いを利用者様と一緒に標語にしました! ~

耳が遠いO様は皆様とうまくコミュニケーションが取れません。

でも、

耳が聞こえない分視覚からの情報がダイレクトに心に響きます


みんなが笑顔でいられるのが一番いいね」


「自分も笑顔でいたい」


 O様が話されました

デイサービスに通われているH様。

12月のテーマを連想ゲームにして考えてみました。

「12月になり、冬の季節ですね」話しかけると

「寒い!」と答えられました。

どうやって過ごしたいですか?と尋ねると、最初は

「暖かいこたつの中でじっとしている」と返事がありました。

寒くなると風邪をひく人が増えるから気を付けないといけないね、

と声をかけると「体を動かせばいいじゃん」と話されました。

そのあとで、「温まって、寒さに勝つ!

と断言されたので、このテーマに決めました



平成30年になりました!

本年もよろしくお願いします


いつも元気に歩いているO様は体を動かすことが好きです

車を探したり、カギを探したり忙しい毎日です

そんなO様に今月のテーマをお聞きしたところ

「楽しく暮らす!」

と即答されました


Sさんに2月の目標考えていただけますか?

「あ~ヤダなぁ」

と返事がありました。順番に他の方も考えていただいているのでお願いします

一緒に考えましょうと伝えると

「ん~」

とだいぶ悩んでいたので、2月というと何かありますかね?と聞くと

「豆まきだね」と話されました

では悪いものを出そう!ということになり

<鬼は外>になりました

O様は体の動きがあまりよくありません

ですが、頭の回転はとても良く、調子のいい時は昔の歌の歌詞、

ことわざ、などすぐに答えていただけます

そんな、O様に今月のテーマをお聞きしたところ

「わしゃわからん!」と少し困惑気味でした・・

と、突然「みんな、頑張っとくれん!」

と言われました 「わしゃわからんでまぁよろしく!」

と話されましたので今月のテーマに決めました




いつも元気で笑顔を絶やさないHさんに

一日をどう過ごしたいか聞いてみると

「何もないことが一番いい!」と返事がありました

話しが進んでいき「何かあると不安だから」、「いろいろ言う人がいるけど、好きな事をやりたい!」と思いを聴くことができました

認知症になるといつも不安を抱えています

わからないことを指摘されたり、否定されるのは辛いです

そんな思いからこのテーマにしました

不安げな表情のO様に声をかけると

「前はね、こういろいろとね・・。でもあれなのよ」と

思い通りにできない辛さが見えました

そんな時どうしたらいい?と聞くと

「そうね!だれかね、一緒にね」と話してるうちに


みんなで力を合わせて頑張るぞ!


この言葉にたどり着き「そうよ!これがいい!最高!!」と

満面な笑みで喜んでおられました


利用者D様は認知症の症状が進んでゆく中で咀嚼は人一倍しっかりさ

れています


私たちにいつも噛むことの大切さを感じさせて下さいます


そんな思いからこのテーマにしました


E様と一緒に考えてこのテーマに決めました

7月に注意することは何か尋ねると

「お茶をしっかり飲まないといけないねぇ」と話されたので

”水分をとりましょう”はどうですかとお伺いすると

「いいんじゃないかねぇ」と決めて下さいました



8月の目標を考えましょうというとAさんが、

外につばめがたくさん飛んでいるのを見て

「とりのようにはばたこう」

といわれました。

自由に飛び回るつばめにあこがれている様な

夢見る乙女のような表情をされていました。

9月のテーマ

みんなで 仲良く くらしましょう。

「 共同生活をしているので、みんなで協力し合って、いかなければ

ならないね~とにかく仲良くすることが1番です。」

との事でした。

10月のテーマ

10月だと何が思い浮かびますか?と尋ねると・・・

運動会かな・・・との事でしたので

過去の事例研究発表

グループホーム好日庵における事例研究発表などの足どり

●院内事例発表
 いつ  平成19年1月
  テーマ    開設後の一年を振り返り ~運営理念を軸に見えてきたもの~

 いつ  平成20年1月
  テーマ    あなたのほっとした笑顔に出会うために

 いつ  平成21年1月
  テーマ    ADであるAさんにとって安心した環境づくりを求めて

 いつ  平成22年1月
  テーマ    認知症ケアにおけるストレスとジレンマについて

 いつ  平成23年1月
  テーマ    入所者さんの思いを知るために ~ひもときネットを活用して~

 いつ  平成24年1月
  テーマ    倫理規定に基づき、その具体的な行動指針作りの一考察

 いつ  平成25年1月
  テーマ    私にできる、なんかありますか ~いつまでもそのままのあなたで~

 いつ  平成26年1月
  テーマ    グループホームのあり方 ~一人ひとりに目を向けて感じたこと~

 いつ  平成27年1月
  テーマ   好日庵カフェの開催する意味 ~地域として生きるグループホームとして出来る事~ 

 いつ  平成28年1月
  テーマ    グループホームにおける生活支援の意義 ~買い物支援を通して~


●日本認知症GH大会
 いつ  平成21年5月 (名古屋)
  テーマ    食べたい・食べれない・食べるということ

 いつ  平成22年9月(千葉)
  テーマ    介護で看取るとは ~スピリチュアルペインの軽減に取り組んで~

 いつ  平成23年9月(東京)
  テーマ    レビー小体型認知症の方のQOLを高めるために ~転倒防止に取り組んで~

 いつ  平成25年10月(盛岡)
  テーマ    レビー小体の摂食嚥下障害の改善に成功した一例 ~大好きなウナギが食べたい~

 いつ  平成26年9月(熊本)
  テーマ    ありのままのあなたを受け入れる為に ~BSPDにひもときシートを活用して~

 いつ  平成28年10月(札幌)
  テーマ    好日庵カフェでみんな元気 ~地域の人と初めてのバス旅行に行ってきた~

 いつ  平成29年10月(京都)
  テーマ    共用デイの取り組みが、グループホームの運営にもたらす相乗効果について ~グループホームだから出来る事~

認知症ケア学会

 いつ  平成23年10月(横浜)
  テーマ    認知症ケアのストレスから共感に変化させるチームづくり ~そしてAさんが優しいお母さんに戻っていく~

                パーフォーマンス  朗読上演「僕のおばあちゃんどうしただん?」

 いつ  平成26年10月(東京)
  テーマ    グループホームでの看取りを経験して思うこと

 いつ  平成27年5月(札幌)
  テーマ    理念を軸に人材育成計画作成への一考察 ~私たちの目指す仕事とは? 第一弾~

 いつ  平成29年5月(沖縄)
  テーマ   理念を軸に人材育成の進め方 第二弾 ~自主的に自己の課題を見つけ、それに取り組むための環境づくりについて~


地域密着サービス研究会・広島
 いつ  平成24年7月(広島)
  テーマ    運営推進会議からつながった地域交流 ~小さくて大きなはじめの一歩~


新城市関係 
 いつ  平成19年11月(認知症等普及啓発地域シンポジウム ・新城保健所主催)
  テーマ    知って生かそう!認知症の知識とケア ~GHの立場から~

 いつ  平成23年10月(認知症予防教室)
  テーマ    認知症とどう向き合うか ~自分として・家族として・地域として~ のんほい劇団による介護劇

 いつ  平成24年10月(東三河北部医療圏地域医療対策協議会)
  テーマ    過去と現在、そしてこれから先のこと ~認知症の方への支援とこれからの地域づくりへの提言 

 いつ  平成28年3月(地域包括ケアシステム市民講演会)

  テーマ    好日庵カフェを始めて ~地域の中でグループホームとしてできること


院内健康教室
 いつ  平成21年12月
  テーマ    「もしもあなたの大切な人が認知症になったら」

 いつ  平成23年5月
  テーマ    「認知症になっても怖くない」