お問合せ・見学希望の方へ
受付時間 9:00~17:00


居宅介護支援事業所

TEL:0536-35-0022


訪問リハビリテーション

TEL:0536-35-0022

デイケアセンター

TEL:0536-35-5100

グループホーム好日庵

TEL:0536-35-6100

メールでのお問合わせ

看護部

「気になる木」コーナー ~こんな取組み始めました~



皆様のご意見をお聞かせください。

ご自由に書いて「気になる木」に貼ってください。

いただいたご意見に、返事を添えていきます。

皆様の想いに寄り添った看護が提供できるよう

医師・看護師ともに努めていきます。

気になる木 第2弾です!

夏バージョンのデザインにしました。

こちらの木にもたくさんのクワガタ・カブトムシ

(メッセージ)が集まりました。

ほっと心が穏やかになる、お言葉を見つけました。

気になる木にとまる。とまらないでいたいけど、

 時々とまる。いつも元気をありがとう。

★今日一日を大事に生き、寝る前に反省をして、

 明日は明日の風が吹く。



気になる木 第3弾です!

秋バージョンのデザインにしました。

お子様からご高齢の方までたくさんの

メッセージをいただいております。





~患者様からこのようなお言葉をいただきました~

  • 先生方はじめスタッフの方がとても気さくで安心できます。ありがとうございます。
  • 先生もスタッフの皆様も毎度とても丁寧な対応をしてくださり感謝しております。応援しています。
  • 良きDr楽しみに診察来ます。ありがたいです。
  • 心の声も聴いて下さってありがとう。これからもよろしくね。
  • うまれた時からいつも見てくれてありがとう。
  • 胃カメラ検査とても楽にできありがたかったです。
  • 先生が2人になったら待ち時間が短くなり、ありがたいです。
  • 新しい先生もとても感じが良く、親切にしてくださり安心しました。
  • 子どもが話しかけてもニコニコしている先生、ありがとうございます。
  • 気さくで話しやすい看護師さん達で、診察を受けるのが楽しみです。優しくてカッコイイ!!
  • いつも親切にありがとう。病気も治ります。先生・スタッフの皆様本当にありがとう。

    心温まるお言葉をいただき、ありがとうございます

インフルエンザ予防と対策

インフルエンザ流行前に

ワクチン接種を受けましょう!


インフルエンザ感染予防おおよそ50~60%の有効性)

インフルエンザ感染時の重症化予防

集団免疫効果

通常成人1回の接種で、2週後から血中抗体の量が増え始め、

4週でピークに達し、3~5ヶ月後から低下します。

12月上旬までにワクチン接種を終えることが望ましいです。

13歳未満のお子さんは2回接種が必要です。

体調にあわせて、計画的な接種をおすすめします。


頸動脈エコー検査と下肢血管エコー検査について

林医師による頸動脈エコー検査・下肢血管エコー検査をおこなっています。

予約制になりますので、ご相談ください。


頸動脈エコー検査

頸動脈を見て、全身の血管の動脈硬化を推測することができます。

頸動脈の動脈硬化が進んでいるほど、他の部位の動脈硬化も進んでいると考えられます。


~このような症状の方にお勧めします~

糖尿病・高血圧症・脂質異常症などの生活習慣病のある方

脳卒中の既往のある方

意識消失したことがある方

めまいのする方


検査時間 15~20分程度です。


プラークと言われる悪玉コレステロールを中心 とした老廃物の固まりが、血管の壁にくっついているのが実際に見えることもあります。


下肢血管エコー検査

超音波を用いて太ももからくるぶしにかけて、動脈や静脈の流れが順調か、血栓がないかを検査します。


~このような状態がわかります~

閉塞性動脈硬化症の有無

下肢静脈内血栓の有無(深部静脈血栓症)

静脈瘤の有無


検査時間 30分程度です。

検査用紙パンツに履き替えていただき、立位・座位で検査します。

下肢静脈瘤の圧迫療法として、対象の方には

弾性ストッキングの着用をおすすめします。

足首・ふくらはぎ周囲を計測し、

適応サイズを確認します。

当院では、膝下ハイソックスタイプ

(アイボリー・ブラック)をお取扱いしています。

お気軽にご相談ください。

アナフィラキシーとエピペン

携帯用エピネフリン自己注射キット(エピペン)とは?

エピペンは、ハチ毒、食物、薬物などの急性アレルギー反応「アナフィラキシー」が発現した際の補助治療を目的とした自己注射製剤です。         症状緩和する目的で用いられています。

アナフィラキシーショックを起こす可能性の高い方が自宅に常備する事で、アナフィラキシー発症の際に医療機関へ搬送されるまでの症状悪化防止に役立っています。

エピペンの処方にあたっては、当院でも扱っている為、気軽にご相談下さい。

エピペンには、ハチ毒によるアナフィラキシー発現時の治療に用いられるエピネフ       リンがあらかじめ充てんされています。

エピペンを自己注射することにより、一定量のエピネフリンが注射されます。

エピペンは、ハチ毒によるアレルギーを治す薬剤ではなく、アナフィラキシーの症       状を緩和する薬剤です。

    医師による治療に代わり得るものではありません。
    また、一度改善した症状が、数時間後に再発することもあります。

注射後は、直ちに医師による診療(診察・治療)を受けてください。

エピペンの各部の名称としくみ

エピペンは、注射針一体型の注射器で、薬液(エピネフリン)部分、安全キャップ等がセットされ、携帯用ケースに収められています。

黒い先端を太ももの前外側に強く押しつけるだけで、バネの力により一定量(約0.3mL)の薬液が筋肉内に注射されるしくみになっています。

アナフィラキシー発現時にあわてることなく注射することができます。

エピペンは注射量(約0.3mL)を変えることはできません。

エピペン本体は危険ですので分解しないでください。

予防接種について

予防接種の意義

感染予防.重症化予防.発病予防.感染症の蔓延予防等を目的とします。

ワクチン接種後の注意

接種後は、その場でしばらく(30分程度)様子を見ることが必要です。

参考までに・・・

予防接種を受けられた際、日付け、種類(注射)を忘れずに母子手帳等に記入しておくと入学時健康調査票(学校入学時に記入する用紙)記入時に助かります。

各種感染症(はしか、おたふく等)にかかった場合も同様に、年齢、病名を記入しておくと良いと思います。
尚、当院では、小さなお子様に痛みを最小限に抑えて頂く為に、小さな針を使用しています。
年間を通じて花粉症でお困りの方に当院では、中学生以上(12歳)の方に花粉症予防注射を実施しております。

月曜から金曜まで毎日18時まで診療を行い、第1、3、5日曜日の午前中も診療を行っている為、学生の方、仕事帰りの方にも立ち寄り易いのでは・・・と思います。
定期的に注射を接種され、少しでも花粉症の症状が軽減される事を願います。