お問合せ・見学希望の方へ
受付時間 9:00~17:00


居宅介護支援事業所

TEL:0536-35-0022


訪問リハビリテーション

TEL:0536-35-0022

デイケアセンター

TEL:0536-35-5100

グループホーム好日庵

TEL:0536-35-6100

メールでのお問合わせ

看護部

アナフィラキシーとエピペン

携帯用エピネフリン自己注射キット(エピペン)とは?

エピペンは、ハチ毒、食物、薬物などの急性アレルギー反応「アナフィラキシー」が発現した際の補助治療を目的とした自己注射製剤です。         症状緩和する目的で用いられています。

アナフィラキシーショックを起こす可能性の高い方が自宅に常備する事で、アナフィラキシー発症の際に医療機関へ搬送されるまでの症状悪化防止に役立っています。

エピペンの処方にあたっては、当院でも扱っている為、気軽にご相談下さい。

エピペンには、ハチ毒によるアナフィラキシー発現時の治療に用いられるエピネフ       リンがあらかじめ充てんされています。

エピペンを自己注射することにより、一定量のエピネフリンが注射されます。

エピペンは、ハチ毒によるアレルギーを治す薬剤ではなく、アナフィラキシーの症       状を緩和する薬剤です。

    医師による治療に代わり得るものではありません。
    また、一度改善した症状が、数時間後に再発することもあります。

注射後は、直ちに医師による診療(診察・治療)を受けてください。

エピペンの各部の名称としくみ

エピペンは、注射針一体型の注射器で、薬液(エピネフリン)部分、安全キャップ等がセットされ、携帯用ケースに収められています。

黒い先端を太ももの前外側に強く押しつけるだけで、バネの力により一定量(約0.3mL)の薬液が筋肉内に注射されるしくみになっています。

アナフィラキシー発現時にあわてることなく注射することができます。

エピペンは注射量(約0.3mL)を変えることはできません。

エピペン本体は危険ですので分解しないでください。

予防接種について

予防接種の意義

感染予防.重症化予防.発病予防.感染症の蔓延予防等を目的とします。

ワクチン接種後の注意

接種後は、その場でしばらく(30分程度)様子を見ることが必要です。

参考までに・・・

予防接種を受けられた際、日付け、種類(注射)を忘れずに母子手帳等に記入しておくと入学時健康調査票(学校入学時に記入する用紙)記入時に助かります。

各種感染症(はしか、おたふく等)にかかった場合も同様に、年齢、病名を記入しておくと良いと思います。
尚、当院では、小さなお子様に痛みを最小限に抑えて頂く為に、小さな針を使用しています。
年間を通じて花粉症でお困りの方に当院では、中学生以上(12歳)の方に花粉症予防注射を実施しております。

月曜から金曜まで毎日18時まで診療を行い、第1、3、5日曜日の午前中も診療を行っている為、学生の方、仕事帰りの方にも立ち寄り易いのでは・・・と思います。
定期的に注射を接種され、少しでも花粉症の症状が軽減される事を願います。